使用したiPhoneの様々な処分方法について

新年度を迎えたときには、スマートフォンを買い替える人や買い替えを検討している人が多いと言えます。

iPhoneなどの人気のスマートフォンを中心に、大手キャリアでは機種変更や、MNPユーザーを対象として端末の買取や下取りを行っています。


大手ではiPhoneなどのスマートフォンやタブレットの、ほとんど全機種を対象とした下取りプログラムを行っており、下取り価格としては最大で25380円となっています。

これを新しいiPhoneなどの端末の購入代金から割引くことによって料金の還元を行って、余った部分については毎月の利用料から割引きが行われます。料金としての値引きだけではなく、ポイントとして受け取ることも可能で、コンテンツサービスの利用料として支払うことが可能です。
使わなくなったiPhoneなどの処理の際に、下取りによって端末代や利用料金の値引きのサービスよりも現金が欲しいという人の場合には、家電量販店やリサイクルショップが行っている買取サービスを利用することで現金化が可能です。



新しい機種のiPhoneであれば3万円を超える価格を付けている買取店が多く、店舗によって同じ機種であってもキャリアやカラーなどによって買取価格がことなる場合があります。
同じ機種であれば、容量を問わずに同一価格で買い取りサービスを行っている中古買取店もありますので、自分の処分したいと考えているスマートフォンであればどのぐらいの価格で売却ができるのか事前に把握してから、売却することがお得な処分方法と言えます。



中古買取店に売却をするときに参考にするWEBサイト上の買取価格などの情報は、現物の状態が良い場合の価格や未使用のもので、付属品が欠けているものや傷が付いているもののときには減額を覚悟して売却を行うことになります。